看護師になるには?

看護師は国家資格です。
つまり、看護師になるには教育を受け、国家試験に合格する必要があります。
ではどのような手順を経て看護師の国家資格までたどり着くのでしょうか?
大きく4つに分類できます。
一つ目は、高校の衛生看護科などに入学し、准看護師の資格取得後さらに2年間の教育を受けるコース。
二つ目は、看護専門学校で3年間勉強するコース。
三つ目は、看護の短期大学で3年間勉強するコース。
四つ目は、看護大学や総合大学の看護科で4年間勉強するコースです。
どのコースを経ても看護師の現場に出ることは可能ですが、将来の事を考えると可能であれば大学を出ることをおススメします。
警察でも高卒と大卒では入った時から違いがあるように看護師でも待遇差がある職場もあるようです。

夜8時以降は何も食べないだけで…

体重が落ちなかった私が唯一「これはイケる!」と思った方法が一つあります。
運動をするわけでもなく、食事制限をするわけでもない。
以前はバランス良い食事に気をつかい野菜通販をとったりしていたのですが
長続きしないんです。
最近は非常に簡単な方法です。すなわち、
毎晩夜8時以降は何も食べないという方法。
すごくシンプルですよね。
朝・昼・晩の食事メニューは全て自由。
どれだけ食べても大丈夫。
とにかく8時以降は食べないこと。
なんとこれだけで確実に3キロ落ちました。
この始めの3キロを乗り越えると自信が湧き、今もこの生活をキープ。
夜中の空腹も翌朝のご飯の美味しさであまり辛くないんです。
体調は良好傾向。
便秘もなくなり、お腹がペッタンコに。
自分でも信じられませんが、気軽に始められて成果を感じられたら嬉しいものです。
ぜひ今晩からでもオススメいたします。

少子化

子供には厳しかったお父さんやお母さんも、孫が出来ると孫にはものすごく甘かったりします。
不思議なものですね。
パワーいっぱいのお爺ちゃんお婆ちゃんも、孫には勝てません。
めろめろになってしまうのです。
でも、孫は目に入れても痛くないという人がほとんどです。
孫に何かを買ってあげたりするのが生きがいだという人も結構います。
また、やれ運動会で1等賞になったとか、どこそこの学校に入ったといった孫自慢もよく聞きます。
自慢話というのは鼻もちならないものですが、まあ、お年寄りの孫自慢ぐらいは聞いてあげる余裕を持っていたいですね。
さて、少子化の今、昔のようにたくさん孫がいる人も減っています。
今後は未婚者も増えると予想されているので、孫を持てる人はさらに減るかもしれません。
ですから孫がいるだけでも幸せかもしれませんね。

健康を祈る喪中はがき

喪中はがきの届く季節ですね。
実は、喪中はがきをいただいたからといって、年賀状を出していけないわけではないそうです。
でも、「あけましておめでとう」とは言いにくいものですね。
「迎春」とか、季節のあいさつとかが無難らしいです。
おくやみを添えると丁寧かもしれません。
また、相手の健康を祈る文面でしたら、好感度があがりますね。
めんどうだったら出さなくても失礼にはならないようです。

地方や人によって習慣や考え方が違うので、気を使いますね。
喪中はがきに対応する文面をいくつかパソコンに保存して、相手に合わせてプリントアウトすると簡単かもしれません。

ポリフェノールとは?

赤ワインに多く含まれているとされるポリフェノールですが、いったいどういうものなのでしょうか。

ポリフェノールとは、炭素原子6個からなるベンゼン環に、水素と酸素からなる水酸基が2個以上ついたものです。
アントシアニン、イソフラボン、タンニン、カテキンもポリフェノールの一種です。
これらは赤ワインだけでなく、紫イモやマメ、お茶などにも含まれています。
ですから、赤ワインだけを飲むのではなく、食品をバランスよく取ることもポリフェノールを摂取するために必要なのです。

和食は、大豆をよく使い、また、日本茶もタンニンやカテキンを含んでいます。
ですから、伝統的な和食を見直してみるのもよいでしょう。

和食に赤ワインも結構いけるかもしれませんね。
ただ、飲み過ぎないよう注意しましょう。

食事内容とダイエット

タニタの社員食堂のレシピ本が売れていますね。
バランスのよい、高タンパク低カロリーの食事のレシピが載っています。
もちろん酵素サプリメントもいっしょに飲む。
そして、何よりおいしい。
だから、続けられる。

油分のある食べ物はおいしく感じられます。
からあげ、とんかつ等々…
だけど、高カロリーです。
油分をなるべくとらずにおいしく食べる工夫が必要です。
ごまやナッツ類、薬味などを上手に取り入れることによって、おいしく低カロリーのおかずが作れます。

ちょっとした工夫で脂肪分を減らすことができるんですね。
小さな工夫の積み重ねがダイエットの成功につながるのかもしれません。

コラーゲン不足

骨がもろいというのは、カルシウムの不足だけではないそうです。
カルシウムは骨の堅さを増強するためにもちろん必要ですが、しなやかさがあれば折れにくい骨になるとのこと。
しなやかさを作るのはコラーゲンらしいです。
コラーゲンはたんぱく質の一種です。
コラーゲン不足はシミやシワの原因になります。
また、たんぱく質をつくるアミノ酸をきちんとバランスよく取ることが大切だとわかっています。
そうすると、やみくもにカロリーを減らすだけのダイエットはアミノ酸不足を招き、コラーゲンの生成ができなくなって骨がもろくなるのではないでしょうか。
置き換えダイエットなどもいろいろありますが、アミノ酸やビタミンをバランスよくとれるダイエット食品なら安心かもしれません。
食べないだけのダイエットはよくないですね。
バランスよく栄養を取りたいものです。

出産後の尿漏れ

出産後、骨盤が開いたままだと尿漏れの原因になってしまいます。
何しろ子供を骨盤の間から産むのですから、人生の大事業です。
子供を産むときに骨盤は最大限に開きます。
問題はその後、開きっぱなしにしていると、スタイルが悪くなるだけではなく、
尿漏れなどの原因を作ってしまうのです。骨盤ベルトや骨盤ガードル
そのために良く使われます。
産んだ後、10日くらいは骨盤は元にもどろうとしてくれますが、完全に元に戻すには
やはり意識的に締める事を考えなくてはならないのです。

疲労を回復する

肉体労働の方はもちろんの事、最近では、PCだけの事務仕事の方も
大変疲れています。現代社会は気を使う事から生じるいわゆる気づかれの方が
肉体的な疲れよりもより深刻であり、気づかれはやがて肩こりや首こりといった症状として
現れます。
肩こりや首こりは血流が滞っている事から出る症状です。内側からはにんにくで必要成分をとり血行を促しましょう。
外側からは温めるのが最適です。蒸気温熱パットなどで患部を温め、滞った血液を順調に流れるようにしてあげましょう。

どんな自分をイメージするか

自身のヘルスケアにせよ何にせよ、
どういった自分になりたいのかを明確にイメージする事が重要です。
明確にイメージする事で、それを実現するためには何が必要かが初めて分かります。
何をすべきかを他人から教えられるのは、最初のうちは良いでしょうが、やはり長続きしません。何をすべきかは自分で発見する習慣を身につけましょう。