コラーゲン不足

骨がもろいというのは、カルシウムの不足だけではないそうです。
カルシウムは骨の堅さを増強するためにもちろん必要ですが、しなやかさがあれば折れにくい骨になるとのこと。
しなやかさを作るのはコラーゲンらしいです。
コラーゲンはたんぱく質の一種です。
コラーゲン不足はシミやシワの原因になります。
また、たんぱく質をつくるアミノ酸をきちんとバランスよく取ることが大切だとわかっています。
そうすると、やみくもにカロリーを減らすだけのダイエットはアミノ酸不足を招き、コラーゲンの生成ができなくなって骨がもろくなるのではないでしょうか。
置き換えダイエットなどもいろいろありますが、アミノ酸やビタミンをバランスよくとれるダイエット食品なら安心かもしれません。
食べないだけのダイエットはよくないですね。
バランスよく栄養を取りたいものです。

出産後の尿漏れ

出産後、骨盤が開いたままだと尿漏れの原因になってしまいます。
何しろ子供を骨盤の間から産むのですから、人生の大事業です。
子供を産むときに骨盤は最大限に開きます。
問題はその後、開きっぱなしにしていると、スタイルが悪くなるだけではなく、
尿漏れなどの原因を作ってしまうのです。骨盤ベルトが
そのために良く使われます。
産んだ後、10日くらいは骨盤は元にもどろうとしてくれますが、完全に元に戻すには
やはり意識的に締める事を考えなくてはならないのです。

疲労を回復する

肉体労働の方はもちろんの事、最近では、PCだけの事務仕事の方も
大変疲れています。現代社会は気を使う事から生じるいわゆる気づかれの方が
肉体的な疲れよりもより深刻であり、気づかれはやがて肩こりや首こりといった症状として
現れます。
肩こりや首こりは血流が滞っている事から出る症状です。内側からはにんにくで必要成分をとり血行を促しましょう。
外側からは温めるのが最適です。蒸気温熱パットなどで患部を温め、滞った血液を順調に流れるようにしてあげましょう。

どんな自分をイメージするか

自身のヘルスケアにせよ何にせよ、
どういった自分になりたいのかを明確にイメージする事が重要です。
明確にイメージする事で、それを実現するためには何が必要かが初めて分かります。
何をすべきかを他人から教えられるのは、最初のうちは良いでしょうが、やはり長続きしません。何をすべきかは自分で発見する習慣を身につけましょう。